Salesforceの使い方をゆるく紹介!

Salesforceの使い方メモ

dataloader Salesforce

データローダを使ってみよう!

更新日:

データローダとは

 

データローダはSalesforceが提供しているアプリケーションであり、レコードを最大500件まで読み込むことができます。

機能は以下の通りです。

 

 

Insert(新規作成)

Update(新規作成、更新)

Upsert(更新)

Delete(削除)

Export(出力)

 

また、成功とエラーのログファイルを出すこともできます。

 

 

どうやって入手するの?

 

データローダは設定からダウンロードすることができます。

設定→「データローダ」で検索してください。

 

 

 

データローダでエラーにならないポイント

 

 

使うたびにエラーでデータが入らないことがしばしば。

データローダでデータを入れる際のポイント3つ。

 

①必須項目は必ず記入、選択項目は一語一句間違えない

②関連項目(取引先や取引先責任者など)はIDでなければいけない

③時間の形式は hh:mm:ss.00Z

 

今回商談のデータを新規作成するのにデータローダを使用しました。

いつもお世話になっているデータインポートウィザードは商談では使えないんですよね…。

なので今回商談データを入れる際に躓いたポイントを書きました。

 

まだまだ沢山あるとは思いますが、ご参考までに^^

-dataloader, Salesforce
-, , , , ,

Copyright© Salesforceの使い方メモ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.