Salesforceの使い方をゆるく紹介!

Salesforceの使い方メモ

Pardot Salesforce

【Pardot】取引先責任者IDでプロスペクトをインポート!

投稿日:

Pardotでプロスペクトをインポート

 

 

Pardotでプロスペクト(見込み客)をインポートする方法をご紹介します。

インポート機能を利用すれば、大量のデータを一括で取り込めることが可能ですので、大変便利です。

 

今回はSalesforceに既に顧客情報が入ってる場合のやり方です。

 

 

取引先責任者を利用して、下準備。

 

Salesforceの取引先責任者にすでに入ってる場合は、取引先責任者IDとメールアドレスがあれば勝手に連携してくれるので、

プロスペクトにも簡単に入れることができます。

インポートする下準備をします。

 

まずはレポートを作ります。

連携にはメールアドレスとIDでいいのですが、エラーになった時に名前もあった方がわかりやすいと思ったので、

姓・名、メール、取引先責任者IDがのったレポートを作り、エクスポートします。

 

 

 

インポートする時に注意が必要なのがファイル形式。

CSV UTF-8 (コンマ区切り) (.csv)

で保存します。

 

データローダと一緒ですね。

(ちなみにデータインポートウィザードは CSV (コンマ区切り) (.csv) です。)

 

 

 

インポートしよう!

 

下準備が終わったので早速インポートします。

プロスペクト「プロスペクトリスト」→右上の「プロスペクトをインポート」

 

 

 

Salesforceのリードか取引先責任者IDを使用して、プロスペクトの作成と更新を行います。にチェック。

先ほどのCSVファイルをアップロードし、コンプライアンスにチェックを入れて次へ。

 

 

 

項目の対応づけを行います。

姓はLast Name

名はFirst Name

です!最初逆だと思ってて、姓と名が反対になってインポートされてしまいました。次へ。

 

 

 

キャンペーンとタグを選択します。

タグはつけなくてもインポートできますが、つけておくと探す時にフィルタリングできるのでとても便利です。

項目を選択していきながら進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

確認して保存を押すと、インポートが開始します。

 

 

 

 

プロスペクトをインポート「ファイルを選択」のページを下にスクロールすると「過去のインポート」と履歴が残ってます。

完了したら、状況が「Waiting」から「Complete」に変わります。

 

 

 

無事にプロスペクトリストにインポートできました!

名前の横のSalesforceの雲のアイコンを押すと、取引先責任者のページへ飛ぶことができます。

 

 

 

 

ぜひ参考にしてみてください^^

-Pardot, Salesforce
-, , , , ,

Copyright© Salesforceの使い方メモ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.