Salesforceの使い方をゆるく紹介!

Salesforceの使い方メモ

Pardot Salesforce

【Pardot】プロスペクトインポートでのエラーを検証

投稿日:

Pardotのプロスペクトをインポートすると…

 

 

前の記事でPardotのプロスペクトをインポートしました。

【Pardot】取引先責任者IDでプロスペクトをインポート!

 

インポート機能は大量のデータを一括で取り込むことができるので大変便利ですが、

必ずといっていいほどエラーになり、入ってくれないデータが出てきます。

 

どんなものがエラーになったのか、みていきたいと思います。

 

インポート後のメールを確認

 

インポートが終了すると、Pardotからインポート結果のメールが届きます。

またPardotの管理メニュー「システムメール」からでも確認することが可能です。

 

 

 

メールはこのような感じです。

590件がエラーになってしまったようです。

「Download Import errors」を開くと、どのデータがなぜエラーになったのか確認できます。

 

 

どんなものがエラーになったの?

 

どんなものがエラーになってしまったのかまとめました。

 

「No Email Address Found or Invalid Email Address - ""」

アドレスなし。

 

「This email address is not allowed (role-based email address) - "info@○○○"」

info@〜のアドレス。

 

「No Email Address Found or Invalid Email Address  - "blog-force...2018_10.@○○○"」

「 - 」「 .. 」「 ... 」「 _ 」「 .@ 」などが入っているもの。

または全角、スペースがあるものがエラーとしてかえってきました。

 

インポート機能は使わず、普通に一件ずつ作成するやり方で試してみたところ、

「 info@ 」のものは作成できましたが、

3つ目の記号を使っているメールアドレスは無効になってしまい登録できませんでした。

 

ご参考までに^^

-Pardot, Salesforce
-, , , ,

Copyright© Salesforceの使い方メモ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.