Salesforceの使い方をゆるく紹介!

Salesforceの使い方メモ

Salesforce

リストビューで検索条件で相対日付を使おう!!

更新日:

リストビューって何???

Salesforceで入力していき様々なデータを蓄積していると思いますが、

そのデータをある検索条件で絞り込むというものになります。

 

例えば取引先で従業員数を入力するところがあり、

その従業員数で1000名以上の企業を見た胃という時に、

検索条件に従業員数1000名以上と検索条件を設定すれば、

1000名以上の取引先が出てくるというわけです。

 

リストビューを使うと効率化につながる。

データを探す際にリストビューを使うことで、非常にデータが探しやすくなります。

例えば自分の所有している商談のみをみるとか、自分の所有している取引先の

取引先責任者をみるとか。

などなど工夫次第で様々な情報をみることができます。

 

リストビューは個々人で設定して、自分のみたいものを作るのが良いでしょうね。

 

相対日付検索条件を使う。

リストビューの検索条件の日付項目で

「今日」「昨日」などの相対日付が使えます。

参考に>>>こちら

「今日」設定しておけば、いつでもその日のデータをみることが可能だし、

昨日と設定しておけば、いつもその日の前の日のデータをみることができるようになります。

翌n週間、過去n週間もできよるようなので、ガンガン相対日付を使ってみましょう。

 

私も今後ガンガン相対日付で検索条件のリストビューを作ってみようと思います。

 

 

-Salesforce
-, ,

Copyright© Salesforceの使い方メモ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.