Salesforceの使い方をゆるく紹介!

Salesforceの使い方メモ

Salesforce

リストボタンの表示場所と作成方法

投稿日:

リストボタンはどこに表示されるボタン?

 

リストボタンが表示される場所は、

・リストビュー

・関連リストのヘッダー

になります。

 

今回サンプルとして商談オブジェクトで

「★リストボタン」というカスタムリストボタンを作成し、配置してみました。

 

※リストビューに表示

 

 

※関連リストのヘッダーに表示(これは取引先の関連です)

 

 

リストボタンはどうやって作成するの?

 

リストボタンの作成手順をご紹介します。

リストボタンを作成したいオブジェクトの編集へいきます。

今回は商談オブジェクトで作成します。

 

左のメニューから「ボタン、リンク、およびアクション」をクリックし、

右上の「新規ボタンまたはリンク」をクリックします。

 

 

中身はこんな感じです。

「表示の種類」のところで「リストボタン」を選択してください。

 

 

リストボタンをリストビューに表示させよう

 

リストボタンは作成したままでは、表示されません。

まずはリストビューの表示設定です。

 

商談のオブジェクトマネージャで「Salesforce Classic の検索レイアウト」をクリックします。

2段目の「リストビュー」の▼から「編集」をクリックしてください。

 

 

先程作成したカスタムボタンが左側の「利用可能なボタン」に入ってるはずなので、

そちらを選択し、「追加」をクリックし、

右側の「選択したボタン」に移動させて保存して完了です。

 

 

リストボタンを関連リストのヘッダーに表示させよう

 

関連リストのヘッダーにリストボタンを表示されるよう設定します。

関連リストでボタンを表示させたいオブジェクトのページレイアウトへいき、

関連リストの工具マークをクリックします。

 

 

+ボタンをクリックすると、隠れていたボタンの表示設定が出てきます。

「利用可能なボタン」に入っているカスタムボタンを選択し、

追加をクリックし「選択したボタン」へ移動させて保存したら完了です。

 

-Salesforce
-, ,

Copyright© Salesforceの使い方メモ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.