Salesforceの使い方をゆるく紹介!

Salesforceの使い方メモ

Lightning Experience Salesforce

Lightning Experienceを使う理由は?

更新日:

Lightning Experienceを使う理由はなに?

Lightning Experienceを使う理由ってなんなんでしょう?

理由もなくライトニングを進められているような気がします。

そんな感覚を抱いている方も少なくないはずです。

 

一言で言ってしまうと、ライトニングは様々なデータをクラシックより集約することが容易に出来ます。

レポートビルダーで作ったレポートグラフも複数配置が可能です。

またそのページの部品(コンポーネント)の配置も自由に変更が可能です!

 

Lightning Experienceの意味は?

Lightning Experienceを直訳すると雷体験です!

 

嵐の中で稲妻が走るように素早いという意味でしょうか?

 

名前の由来はそんな感じな気がしますよね。

 

でもまだまだ設定後の反映が遅い時があるので、そこも素早くなってくれると、それは本当の雷体験ではないでしょうか?

 

設定の反映が早くなってくれると本当に確認が簡単になるんですけどね。

 

反映が遅いために何度も何度も確認してしまうことが多々あるのでそこが時間の無駄になってしまうのが正直な感想です。

 

いいところもいっぱいああります!

高速で見た目も良く、営業担当に販売を促進させる行動を起こさせる作りにはなっていると私は思います。

 

それはパスでフェーズが確認できたり、kanbanを使って商談を一覧で管理できるところはとっても便利ではないでしょうか?

 

ここでクラシックユーザのかたは心配なさらずに、クラシックはまだ存在しますのでご安心ください。

 

 

-Lightning Experience, Salesforce
-, ,

Copyright© Salesforceの使い方メモ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.