Salesforceの使い方をゆるく紹介!

Salesforceの使い方メモ

Google Salesforce

Googleスプレッドシート連携でデータの更新・作成が簡単に!?

更新日:

GoogleスプレッドシートとSalesforceが連携

 

 

 

GoogleスプレッドシートとSalesforceを連携することで、

データの更新や作成が簡単にできるということで早速試してみました!

(G Suiteアカウントが必要)

 

 

アドオンをインストールしよう

 

アドオンの入手はこちら

 

こちらのページでインストールしていただくと、googleのスプレッドシートにアドオンが追加されます。

アドオン→ Data connector for Salesforce → Open

そしてデータの更新作成がしたい環境にログインしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事にログインできると、スプレッドシートの右側にメニューが出現します。

これで無事に完了です。

 

 

 

 

データローダーもデータインポートウィザードも必要ない…!?

 

 

 

今までデータの一括作成や一括更新は、データインポートウィザードやデータローダを併用していました。

よく使用していたのはデータインポートウィザードでしたが、商談などの一部のオブジェクトでは使うことができかったので、その場合データローダを出動させるといった感じでした。

 

この2つもとても便利だったのですが、なかなか手間も時間もかかったりで難しいと思う場面が多かったのです。

しかし、これはとても楽チン!

これからはこっちを使って行けば、あんな大変な思いをしなくても済むのでは…

 

というのがこのアドオンの第一印象です。

まだまだ使い始めたばかりなので、これからたくさん使っていきたいと思います!

-Google, Salesforce
-, , ,

Copyright© Salesforceの使い方メモ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.