Salesforceの使い方をゆるく紹介!

Salesforceの使い方メモ

Salesforce

一括でデータをアップロードするときはデータローダ

投稿日:

データローダ の存在

Salesforceに一つ一つデータを入力するのは大変だなぁというときに大活躍するのがデータローダです。

 

データローダ ーではなくデータローダ です。

 

Salesforceに取り込みたいものをエクセルや、CSVで持っているのでのであれば、

それをデータローダ で取り込んでしまえば、入力する手間は省けますよね。

 

それにエクセル上でデータを編集してからの方がSalesforce上でデータをクレンジングするよりは楽チンです。

 

データローダ ってどこにあるの!?

はい。お答えします。

Salesforceの中にデータローダ はあります。

 

データローダ ーで検索してしまうと出てこないので、

 

必ずデータローダ で検索してください!

 

そうするとダウンロードリンクが現れるので、そのリンクからダウンロードします。

 

Windows版とMac版がありますのでお間違えのないように。

 

データローダ をダウンロードしたら・・・・

データローダ をダウンロードしたら、

インポートしたいオブジェクトのデータのCSVファイルやエクセルファイルを用意します。

 

エクセルファイルの場合はCSVに変換しておいた方が良いです。

 

 

取引先などを一括でインポートしたいときは非常に便利です。

 

また、更新などもかけられるのもとても便利です!

-Salesforce
-, , ,

Copyright© Salesforceの使い方メモ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.