Salesforceの使い方をゆるく紹介!

Salesforceの使い方メモ

Salesforce

アプリを上手にインストールしよう

更新日:

インストールURLは押しちゃだめ!?

 

 

アプリ等をSalaeforceに入れるためには、まずは環境にインストールします。

インストールURLが送られてくる→URLを押すと上記のインストールページへ

 

というのが基本的な流れだと思うのですが、

このやり方ではなかなか上手くいきません…

 

違う環境にインストールされる可能性大!

 

 

本番環境やデベロッパー、Trailhead用だったりと、

とにかく様々なSalesforce環境があるので、どこにログインしているのかわからなくなる時がしばしば…。

 

そのためインストールURLクリックだと、別の環境に入ってしまったり、

うっかり違うところにインストールしてしまったりとなかなかすんなりいってくれないのです。

 

 

URLコピペで解決

 

こちらがインストールURLの例です。

https://login.salesforce.com/packaging/installPackage.〜〜〜〜〜〜〜

これをクリックはせず、色がついてるお尻の方をコピーしてインストールしたい環境のURLに貼り付けます。

 

<Classic>

https://〜〜〜〜〜.salesforce.com/ここに貼り付ける

 

<Lightning>

https://〜〜〜〜.lightning.force.com/ここに貼り付ける

 

Lightningだとインストールできないのに、Classicだと上手くいくということが何回かありました。

上手くいかない時は切り替えて、もう1度挑戦してみてください。

-Salesforce

Copyright© Salesforceの使い方メモ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.