Salesforceの使い方をゆるく紹介!

Salesforceの使い方メモ

Salesforce

個人取引先を有効化する方法

更新日:

個人取引先を有効化する方法をご紹介します

Salesforceには個人取引先というものがあるのはご存知でしょうか。

こちらはサポートに有効化をお願いしないと使えない機能なので、

今回は有効化の方流れや方法をご説明します。

個人取引先の詳細はこちら

「一度有効化してしまうと無効化にできない」のですが

有効化後でも設定で使用しないようにもできるので、あまり怖がらないで大丈夫です。

取引先にレコードタイプ作成、有効化許可にチェックします

個人取引先を有効化するには、いくつかの事前準備が必要なので

今回は基本的な手順をご紹介します。

①取引先にレコードタイプを作成

取引先のレコードタイプが一つもないまっさらな状態な方は、まずはレコードタイプを作成してください。

あとで変更できるので、名前は何でも大丈夫です。

私はよく「法人取引先」という名前で作成します。

②取引先設定で「カスタマーサポートによる個人取引先の有効化を許可」にチェックする

設定で「取引先設定」へいき、編集をクリックします。

下の方にある「カスタマーサポートによる個人取引先の有効化を許可」にチェックし

保存してください。

取引先責任者のプロファイルや共有設定を確認します

設定で取引先責任者のプロファイルや共有設定を確認します。

こちらはデフォルトのままであればOKなので、いつも変更することはありません。

こちらの設定を変更している場合は、確認してくださいね。

詳しい事前準備方法はSalesforceの公式ヘルプの

個人取引先の設定

を確認してください。

個人取引先の有効化をSalesforceサポートにお願いします

事前設定が完了したら、Salesforceサポートへ「個人取引先の有効化お願いします」

とSalesforceサポートにご連絡してください。

設定が間違ってたり、他に必要な情報があればサポートの方に教えていただけるので大丈夫です!

個人取引先を使いたいなとお考えの方などに

参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

-Salesforce
-, ,

Copyright© Salesforceの使い方メモ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.